広島と福山を中心にビル清掃・ビル管理・エアコンクリーニング等、ビルメンテナンスをしています。

ホーム > 事業内容 > ビルメンテナンス > ビル設備管理 > 保守点検業務

事業内容 ビル設備管理

ビル設備管理
ビル・ホテル・福祉施設・公共施設などを快適な空間にするためにポンプ・空気調和機・冷熱機器などが用いられています。
これらの機器の性能を維持するため、定期点検整備及び修理などを行っています。

ビル設備管理

保守点検業務

ポンプ

ポンプ

ポンプは各種液体を送り出すための機械です。 ポンプには様々な種類があり、衛生機器・空調機器・防災機器などのいろいろな用途に応じて用いられ、私たちの生活には必要不可欠なものです。

[ 作業例 ]

保守点検業務

調整不可能になったグランドパッキンを交換しています。

保守点検業務

ポンプを全分解した写真です。これから清掃及び部品交換を行います。

保守点検業務

組み立て後、さびを除去し塗装補修を実施します。

このページのトップへ戻る

空気調和機

空気調和機

送風機
建物内で空気の吸気・排気循環をさせることにより、室内の空気をフレッシュにします。
また、火災時には排煙用として用いられます。

[ 作業例 ]

空気調和機

モータベアリングから発生する異音の確認をしています。

空気調和機

破断及び張り調整不能となったVベルトを交換しています。

空気調和機

送風機整備後、モータ側プーリとファン側プーリに糸を張り、芯出し調整を行っています。

ファンコイルユニット

ファンコイルユニット
快適な室温に保つために、室内の空気を熱交換するための機器です。
体育館やステージなどの広い空間にはエアハンドリングユニットが用いられています。

[ 作業例 ]

ファンコイルユニット

清掃を行うため、吸い込みグリルを取り外しています。

ファンコイルユニット

専用の薬品を使用し、フィルターを洗浄しています。

ファンコイルユニット

ホールなどの大型施設にて用いられています。
(エアハンドリングユニット)

このページのトップへ戻る

冷熱機器

冷熱機器

大型施設などの空調用の熱源として主に用いられています。
この冷熱機器により冷水・温水が作り出され、各空調機に送られて快適な室温を保つ役割を担っています。

[ 作業例 ]

冷熱機器

冷温水発生機内に用いられている機器の絶縁抵抗・電圧測定しています。

冷熱機器

冷温水発生機は、機内を真空状態にすることにより冷水を発生させます。 そのため、真空ポンプを使用し機内不凝縮ガスの抽気を行っています。

冷熱機器

運転データを採取し、冷温水発生機内部の状態を確認しています。

このページのトップへ戻る

貯水槽

貯水槽

あなたが口にする水、汚れてませんか?
貯水槽は法令で1年に1回の清掃が義務づけられています。
飲み水を衛生的に保ち、飲料水の安全性を維持するために、資格を有したスタッフが、しっかりと点検・清掃いたします。

下準備

(1) 下準備

水中ポンプを使用し、槽内の水を排水します。 排水後、清掃前の写真を撮影します。

洗浄作業

(2) 洗浄作業

高圧洗浄機やブラシを使用し洗浄作業を実施した後、洗浄水をタオルなどで完全に拭き取ります。 作業終了後、清掃後の写真を撮影します。

消毒作業

(3) 消毒作業

消毒作業を2回実施し(各30分放置)、水道水による再洗浄を行います。
再洗浄で使用した水を完全に除去し、水道水を注水します。

このページのトップへ戻る

空気環境測定

空気環境測定

建築物における衛生的環境の確保に関する法律(略称:建築物衛生法・ビル管理法)により、床面積が3000u以上(学校は8000u以上)の大規模な建築物は、空気環境の6項目の測定を、2カ月に1回行わなければなりません。

温度・相対湿度測定

温度・相対湿度測定

温度:17℃以上28℃以下
※冷房時、外気温との差を著しくしない
相対湿度:40%以上70%以下

気流・浮遊粉じん測定

気流・浮遊粉じん測定

0.5m/s以下
浮遊粉じん 0.15mg/m3以下

一酸化炭素・二酸化炭素測定

一酸化炭素・二酸化炭素測定

一酸化炭素:10ppm以下
二酸化炭素:1000ppm以下

このページのトップへ戻る

お見積もり、お問い合わせ、なんでもお気軽にご相談ください。TEL084-931-7688 営業時間 8:00〜17:00 月〜金(祝日除く)